peanuts blog

~毎日を楽しく、人生を豊かに~

ギター初心者におすすめの練習曲10選!!選曲における注意点とは

こんにちは、peanutsです。

今回はギター初心者におすすめの練習曲10選

選曲の注意点をご紹介します。

 

 

選曲における注意点

上達するためには練習曲を選ばなければなりません

皆さんも自分の好きな曲を弾きたいと思いますが、その曲が難しいとギターを弾く意欲がそがれてしまいます。

そのため、以下で紹介する初心者におススメ練習曲を練習してみてください。

 

もしご自身が練習曲を選ぶ際は

・バレーコードがない、少ない

・コードチェンジが簡単

・テンポが比較的遅い

・好きなアーティスト

とりあえずこの四つを意識してください。

 

初心者におすすめ練習曲

後半につれて難易度は高くなっています。ぜひチャレンジしてみてください。

たくさん練習して弾けるようになっていきましょう。

チェリー/スピッツ

ギターの教材によくみるスピッツさんの一曲。

Aメロでは有名な「カノン進行」と呼ばれるC-G-Am-Em‥‥の順番で弾く、コード進行が使われています。

カノン進行に加えて、バレーコードがとても少ないのでおすすめです。

たくさんの曲で使われているコード進行ですので、この際に覚えてしまいましょう。

さくら(独唱)/森山直太朗

ザ・卒業ソングですね。弾けるととにかくかっこいい一曲。

1フレットにカポをつけるとバレーコードがBmだけの簡単に弾ける曲になります。

ストロークでもアルペジオでもカッコよく弾くことができます。

すぐにカッコよく弾き語りができる素敵な曲です。

マリーゴールド/あいみょん

言わずとも多くの世代に知れた名曲です。

女性が弾いていることもあり、初心者の女性でも簡単に弾けます。

カポは2フレットにつけて練習してみてください。

なめらかなスピードでもコードチェンジが難しくないのです。

また、上記で紹介したカノン進行に似たコード進行が出てくるのでおすすめです。

ドライフラワー/優里

まず一つ目は優里さんのドライフラワーです。

路上ライブなどで人気を伸ばし、今や若者の間で大人気、優里さんの一曲です。

C、G、D、Emのコードだけでほとんど弾けてしまいます。

バレーコードが2種類しか出てきませんし、登場回数も少ないです。

カポタストを1フレットにすると、1種類になり、さらに弾きやすいと思います。

夏色/ゆず

柚子のように爽やかに、ゆずのように弾き語りができる一曲。

バレーコードはFだけで初心者の練習にうってつけです。

テンポがはやいですが、リズム感を鍛える為にも

コードチェンジとストロークの練習を完璧にしてしまいましょう。

小さな恋のうた/MONGOL800

日本の有名なロックバンドのモンパチが手掛けた一曲。

弾けるとかっこいいテンポが速く、ギター初心者の練習曲で定番の一曲です。

テンポが速くコードチェンジが比較的難しいです。

紹介しているおすすめ曲が飽きてきたら

この曲にチャレンジしてみてください。

さよならのエレジー/菅田将暉

あの菅田将暉さんが歌うマイナー調でかっこいい一曲。

イントロ始めの独特なリズムや出てくるコードが少し多いですが、

完全な初心者でもおすすめできる曲になっています。

ピックを上手く使ってかっこよく、菅田将暉になりましょう。

少年時代/井上陽水

親世代から子供世代まで、誰しもが耳にしたことのある名曲です。

昔の曲が弾きたい方におすすめです。

C、D、Emのコードが多く、ゆっくりとした曲調なので練習にはぴったしです。

しかし、B7やF♯m7-5といった指が密集するおさえ方がでてきますので、

少し難易度は上がります。

上記のおすすめ曲が飽きてきた人はこの曲にチャレンジしてみてください。

弾けると渋い、この一言に尽きます。

ひまわりの約束/秦基博

スタンドバイミードラえもんで人気になった秦基博さんの一曲。

個人的に弾き語りにぴったりな一曲です。

ストロークで弾くのではなく、アルペジオで弾くことをおすすめします。

アルペジオの弾き方や知らないコードが出てくる上に弾き語りとなると難易度はとても高いです。

アルペジオ弾き語りの練習をこの機会にぜひしてみてください。

ハッピーエンド/back number

日本中に感動のバラードを与えたback numberさんの一曲。

C、G、Am、Em、Dといった比較的弾きやすいコードが多いですが

いくつかバレーコードが出てきます。

脱初心者にむけて、ステップアップしていきましょう。

楽しく弾ける曲で楽しく上達させよう!

ギター初心者におすすめの練習曲を10個紹介しました。

他にもギター初心者におススメの曲はたくさんあります。

自分の好きなアーティスト、曲で楽しく弾いて楽しく上達させましょう!

 

一緒に読みたいおすすめ記事はこちら