peanuts blog

~毎日を楽しく、人生を豊かに~

【プードル種類】特徴や性格、毛色の違い紹介!JKC公認4種(非公認2種)

こんにちは、peanutsです。

今回はトイプードルの仲間であるプードル種の4つを特徴と共にご紹介します。

プードルとは

f:id:peanuts314:20211202223525j:plain

プードルはもともと狩猟犬や泳ぎが得意で回収犬としても飼育されていました。

プードルは知能が高くてしつけのしやすいため、近年ではとても人気の犬種となっています。

また、知能の高さから訓練を受けて警察犬や介護犬として働くこともある犬種になります。

プードルの種類

f:id:peanuts314:20211202223541j:plain

プードルにはJKC(Japan Kennel club)公認の犬種が4つ未公認の犬種が2つあります。

未登録のティーカッププードルやタイニープードルはあくまでもトイプードルの一種ということになっていて、JKCは正式なサイズと認めていません。

JKC公認の仲間(4種)

スタンダードプードル

スタンダードプードルのサイズは45~60㎝、体重16~25㎏

標準的な大型犬です。

もともと活発な犬種で体が大きいため、散歩は毎日欠かさずに行ってあげましょう。

知能が高く、海外では盲導犬として飼われることもあります。

ミディアムプードル

ミディアムプードルのサイズは35~45㎝、体重8~15㎏

2003年にJKCに認定された犬種です。

ミディアムプードルについてわかられていないことが多く、日本では公認ですが認められていな国も存在します。

こちらもスタンダードプードルと同様にお散歩は毎日行ってあげましょう。

ミニチュアプードル

ミニチュアプードルのサイズは28~35㎝、体重5~8㎏

日本ではあまり見かけませんが17世紀には存在していたそうです。

この犬種も他のプードルと同様に運動神経が高く海外では探知犬や災害救助犬、サーカスでの披露など幅広く活躍しています。

人懐っこく社交的ではありますが、小型犬のため神経質で怖がりな一面もあります

トイプードル

トイプードルのサイズは24~35㎝、体重2~4㎏

国内で高い最も人気を誇る犬種です。

知能が高く、しつけをしやすいことや小さな体であることから室内犬で人気です。

ミニチュアプードルと同様に小型犬のため、神経質で怖がりな一面もあります。

JKC非公認の仲間(2種)

タイニープードル

タイニーカップルのサイズは23㎝程、2~3㎏

鼻が短くかわいらしい犬種です。

サイズが不安定で、将来どれぐらい大きくなるかが予想しずらいです。

飼われる際は親犬のサイズなどから検討する必要があります。

ティーカッププードル

ティーカッププードルサイズは20㎝程、約2㎏

ティーカップに入るほどのサイズであることからその名が付けられました。

骨、関節が弱く非常に小さい為、家の中でも怪我をしないように段差などには注意が必要になります。

プードルの毛色

プードルの毛色を紹介していきます。

トイプードルの14種類の公認カラーがあるってご存知でしたか?

今回はその中で特に人気な毛色7種類についてご紹介していきます。

ブラック

f:id:peanuts314:20211202215021j:plain

賢く、飼い主さんへの忠誠心も強いのでワンちゃんを初めて買う方におすすめです。

毛量は豊かで目・鼻・口なども黒色になります。

基本的に退色しにくいと言われています。

しかし、上の画像のように先祖犬にシルバーがいるような場合、徐々に変化していきます。

飼われる際は、先祖犬の毛色や大きさを聞いておくようにしましょう。

ホワイト

f:id:peanuts314:20211202215141j:plain

プードルの上品さが魅力的な色になっています。

白ということで汚れが目立つので、きれいな状態を保ってあげるとなると他のカラーに比べてお手入れが必要になります。

綿あめみたいでキュートな見た目が好きな人も多いはずです。

シルバー

f:id:peanuts314:20211202215153j:plain

都会的でおしゃれな見た目から近年人気の毛色になっています。

子供のころは黒色もしくは黒っぽい色をしていますが、成長していくとともに少しずつ色が薄れて、シルバーになっていきます。

基本的にカラーは単色が多いですが、シルバーは黒と白の中間色です。

グレーとシルバーはどちらも黒と白の中間色で定義は少し曖昧さがあります。

ブラウン

f:id:peanuts314:20211202215035j:plain

プードルの黒、白に並ぶ基本色の一つです。

ブラウン系で一番濃い色です。

生まれたときが一番色が濃く、大きな毛色の変化はありませんが、退色することはあります。

チョコレートからカフェオレぐらいの色の変化がある場合もあります。

レッド

f:id:peanuts314:20211202220108j:plain

レッドはプードルのカラーランキング第1位といっても過言ではないでしょう。

テディベアカットが似合う事から爆発的な人気となりました。

毛色は比較的退色しやすく、徐々に退色していきアプリコットになる場合もあります。

一番人気のカラーなので、扱っている店舗数も多く比較的手に入りやすいです。

アプリコット

f:id:peanuts314:20211202220121j:plain

アプリコットはレッドを薄くした色で、淡いオレンジのような色になっています。

人気カラーとしてはレッドに次ぐ第2位のカラーとして、街中をあるけばよく見かける色になっています。

私もアプリコットのトイプードルを飼っていますが、毛が細く絡まりやすい為、丁寧なブラッシングをしてあげる必要があります。

クリーム

f:id:peanuts314:20211202214652j:plain

クリームはホワイトに黄色みがかった色になります。

ホワイトと同様に汚れが目立ちやすい為、他のカラーよりも多くのお手入れは必要になります。

クリームから退色してオフホワイト、ホワイトと変化していく場合もあります。

まとめ

f:id:peanuts314:20211202223833j:plain

今回はプードルの種類と特徴、毛色の違いについてご紹介しました。

運動神経抜群、可愛い、賢い性格で高い人気を誇るプードルたちはどのサイズも魅力的です。

飼われる際は、特徴をよく知ったうえで家族に迎え入れてあげましょう!