peanuts blog

~毎日を楽しく、人生を豊かに~

犬(トイプードル)が吐くのはなぜ?嘔吐の原因と危険な症状【ノア日記】

こんにちは、peanutsです。

今回は犬が嘔吐する原因と大丈夫・大丈夫じゃない症状についてご紹介します。

 

犬が嘔吐する理由

犬が嘔吐する理由はいくつか考えられます。

大丈夫なパターンと大丈夫ではないパターンに分けられます。

大丈夫でない時は早急に病院に行きましょう。

ワンちゃんは体のつらさをあまり表に出しません。

吐くことや排泄物で知らせてくれるので、

見逃さないようにしましょう。

大丈夫なパターン

  • 吐いた後に元気があり食欲もある

基本的に大丈夫ではない場合は、吐いた後に元気がない、食欲がない、痙攣しているなど、症状が現れます。

一度だけで何も変化が見られない場合は自宅で様子をみてあげるだけで大丈夫です。

  • 嘔吐物の色が黄色や緑色・白い泡

食べたものが逆流していて、胃液を吐き出している場合が多いです。

胃液に胆汁が混ざり変色していると考えられます。

空腹から起こりますので、その後食欲や元気があれば大丈夫です。

  • 一気に食べた後に吐いた

ドッグフードを一気に食べて吐いた場合は嘔吐と違い吐出といいます。

未消化のものを吐いているだけで危険性は高くありません。

  • 車酔い

人間でも車酔いで吐いてしまう方もいらっしゃいますよね。

わんちゃんも同じで車酔いしてしまいます。

長距離のドライブをする際は適度に休憩をはさんで楽しみましょう。

 

大丈夫ではないパターン

どの場合でも早急に動物病院に連れていくことをおすすめします。

  • 嘔吐した後元気や食欲がない

嘔吐した後に何か症状を起こしているのなら動物病院にすぐ行きましょう。

  • 食べてはいけないものを食べた

具体的にはこの記事をご覧ください。

peanuts314.hatenablog.com

  • 何度も吐く

消化器官の病気、アレルギーの食べ物や毒物を食べてしまった可能性があります。

  • 嘔吐物から便の匂いがする

腸閉塞など腸に関するの病気の可能性があります。

  • 血が混じっている

胃炎や胃や食堂に腫瘍ができている可能性があります。

  • 異物が混ざっている

日ごろからワンちゃんが誤飲してしまうようなものは

赤ちゃんと同じで手の届かないところにおくように

心掛けましょう。

嘔吐した際の対処法

上記で説明したパターンのどちらなのかを確かめ

必要があれば病院に連れていってあげましょう。

まとめ

今回は犬が嘔吐する原因と嘔吐した際に大丈夫なパターン、大丈夫ではないパターンの症状についてご紹介しました。

この記事で一番大切なことは

いつもと違うかったら危険!

ということです。

愛するわんちゃんと幸せに過ごすためにも

日ごろから目を光らせておきましょう。

犬好きさんへのノアちゃんコーナー

f:id:peanuts314:20211023130407j:plain

ソファーで横になっていたら眠そうに腕の中に入ってきました。

可愛すぎて溶けそうでした。

 

一緒に読みたいおすすめ記事

 

peanuts314.hatenablog.com

peanuts314.hatenablog.com

peanuts314.hatenablog.com

プライバシーポリシー