peanuts blog

~毎日を楽しく、人生を豊かに~

ダイエットに有酸素運動は必要ない?その理由と原因

こんにちは、peanutsです。

今回はダイエットにおける有酸素運動の必要性についてご紹介します。

実はダイエットにおいてしんどい有酸素運動はあまりおすすめしません。

ダイエット初心者が行うには良いですが、効率面を考えると優先順位は低いです。

有酸素運動とは

有酸素運動とは酸素を使って脂肪を燃焼する運動です。

ウォーキングやジョギング、水泳などが挙げられます。

有酸素運動のメリット

心肺機能の強化

有酸素運動は酸素を用いてエネルギーを作り出すため必然的に心肺機能を使うことになります。

心肺機能が向上すると基礎代謝が上がります。

逆に心肺機能が低下すると基礎代謝が下がり、太りやすい体になってしまいます。

ストレス軽減

走って汗をかくことで気分がすっきりした経験はないでしょうか。

外で走ることで気分転換や日常によい刺激を与えてくれます。

ダイエット効果

単純に運動をするわけで、体脂肪と酸素がエネルギーになりますので消費カロリーが発生します。

手軽に始めることができる

ダイエット初心者の方にとっていきなりしんどいメニューをこなすことは、ダイエットリタイアの可能性を広げてしまいます。

習慣化しやすい

無酸素運動に比べて負荷レベルが低いため、運動を始める前に億劫な状態になりにくいです。

朝にジョギングする、日課として行っている人も多いですよね。

自分の調子に合わせて簡単にできます。

有酸素運動のデメリット

筋肉が分解される

長時間の有酸素運動は脂肪だけでなく筋肉も分解されます。

そして、筋肉が減少することで基礎代謝が下がり太りやすい体になってしまします。

時間に対して消費カロリーが少ない

有酸素運動の消費カロリーは少ないです。

基本的に有酸素運動は20分以上が推奨されています。

30分ランニングをしても消費カロリーは250kcal前後で少ないことがわかります。

リバウンドしやすい

有酸素運動で脂肪と筋肉が低下するため、痩せやすく太りやすい体になります。

ダイエットに成功してやめてしまうと、リバウンドしてしまいます。

運動・食事管理をし続ける必要があります。

有酸素運動が必要ない理由

痩せることにおいてデメリットがメリットを上回っているからです。

 

また、デメリットでもご紹介しましたが有酸素運動を長時間行うことで筋肉量が低下します。

筋トレダイエットを並行して行っている方はしんどい思いをして、無駄な時間を過ごすことになります。

効率的に痩せる為にも筋トレや食事制限に重きをおいて行いましょう!

まとめ

今回はダイエットにおける有酸素運動の必要性についてご紹介しました。

ダイエットと聞いて有酸素運動は一般的に想像される方が多いかもしれませんが、痩せるには非効率的です。

食事制限や筋トレを優先しておこない、有酸素運動はその次で大丈夫です

効率的かつ楽に痩せましょう!

 

 

一緒に読みたいおすすめ記事

 

peanuts314.hatenablog.com

peanuts314.hatenablog.com

peanuts314.hatenablog.com